カテゴリー
aroma フェイシャル

化粧水として

日々のお手入れは大変です、また夏場は日焼けなども少なからずするので特に女性の方は気を遣う人が多いのではないでしょうか?

簡単に手に入るもので自作するとなるとグリセリンが手に入りやすいと思います、ドラッグストアでも売ってますから。

今回はそのグリセリンを使いたいと思います。

精油もできるだけ反応の少ないものを選んでみました。

まず100mlのスプレーボトルを用意します、そこにグリセリン15mlを入れ、精油5滴を入れよく混ぜてから精製水やミネラルウォーターなどを残りの85ml入れます。

これだけです!エタノール系は使っていないのでエタノール系が苦手な人でも安心かと?

精油ですが、ラベンダー、ティートリー、フランキンセンス、パルマローザなど個人的にはおすすめです。

ラベンダーは定番ですね、低血圧な人は少し控えめが良いです、また妊娠初期も使わない方が良いかと思います。健康回復や消炎、細胞成長促進などの作用があり、リラックスという点でもよくつかわれる精油です。肌の皮脂の分泌のバランスを調整する作用もあるので使い勝手の良い精油ですね。

ティートリー(またはティーツリー)、抗炎症作用があり気分的にもさっぱりした香りなのでリフレッシュできる精油の一つです。敏感肌の人は少しテストを行った方がいいとは思います。皮膚の治療に使われてきた事もある精油です。

フランキンセンスは個人的に好きな精油の一つです。レモンの香りに似ていますが、時間とともに落ち着いた香りになってくるので自分はよく使う精油です。フランキンセンスはラベンダー同様に肌の細胞成長促進作用などもあり化粧品にも使われることのある精油なので知ってる方も多いのではないかと?しかも、最近では禁忌を言われる人もいますが禁忌は無いと言われてた精油の一つです。

パルマローザはイネ科になるのでイネ系のアレルギーのある方は避けたほうが良い精油です、また妊娠期は避けた方がいいともいわれてますね。スキンケアにもよく使われる精油です、自分も多用する精油の一つです。香りも少し甘い感じもあるけれどさっぱりしている香りでもあります。フランキンセンスとも相性が良いので自分はセットでよく使います。個人的にラベンダーの香りが自己主張が強いと思っているためかなり滴数を減らすかこのパルマローザを使うかって感じです。

では、今回の作例としてのレシピです。

グリセリン 15ml

フランキンセンス 3滴

パルマローザまたはラベンダー 2滴

もしくは、

フランキンセンス2滴

パルマローザ2滴

ラベンダー1滴

精製水85ml

精油を1種類で使うのもありです、使ったことのない精油だと、その一種類だけでいろいろ試してみる事もおすすめします。そうする事でその精油の香りや自分の肌に対してなど気づくこともありますから。

ラベンダーは定番なので持っておくと良いです、万能薬とも言われる精油ですし、ラベンダーをうまく使える人は良く知ってる人ともひと昔前は言われてました。それだけ使い勝手の良い精油ですし、手に入れやすい精油のひとつでもあります。

自分のように低血圧な場合は控えめに使うとかすれば、体が重くなったり眠くなったりは軽減されると思います。濃度も1%以下にして使うという手もありますから。

いつもの事ですが、香りは人によって精油を微調整していただく事で同じ精油を使っても香りのイメージは変わってきます、そういった楽しみ方もしていただけたらと思います。

また、作った後にパッチテストは必ずしておきましょう!

日頃から何事もなくても、その日の体調だったりで普段とは違った反応が出ることもるので、必ずテストはしましょう!